人気ブログランキング |

空、飛んでみる? flyingkin.exblog.jp

タグ:転覆病 ( 8 ) タグの人気記事

f0375110_00335495.jpg
2016年 6月 1日、2匹いた金魚の1匹が死にました。
GWを過ぎた頃から
そのキンちゃんはお腹が膨らみ始めたように記憶しています。
にいこ母さんが
「このキンちゃん、赤ちゃんでもいるんじゃない?」と
嬉しそうに言っていましたが私は違うと感じていました。
それからはだんだんとお腹が膨らんで
死んでしまった6月1日にはもうはち切れそうでした。

f0375110_00424467.jpg
これがその時の写真です。
朝から水槽の底であまり動かずじっとしていて、
そんなキンちゃんをもう1匹のキンちゃんが心配そうに
寄り添うようにいたのが忘れられません。
こんなキンちゃんが心配でしたが会社に行きました。
帰った時にはにいこ母さんがつらそうに
「キンちゃんが動いてないような気がする」と言いました。
キンちゃんは死んでいました。

会社で仕事もそっちのけで調べていくと、
エサの与えすぎからこんな風になることもあると
書かれている記事をネットで見つけました。
思い返してみるとたくさん与えていたような気がします、
特に一日中家にいるにいこ母さんは。
にいことにいこ母さんの無知がゆえにこんな風に死なせてしまい
申し訳なさでいっぱいでした。
もう動かないキンちゃんを一人で送ったにいこでした。


それから一人ぼっち(1匹ぼっち?)になったキンちゃんに
あの恐ろしい病が迫ってきたのが2016年の7月頃でした。

f0375110_00335856.jpg
転覆病です。
普通に泳いでいる時もあるのですが
逆立ちの状態で沈んでいたり、
そのうち今度は浮いたまま逆立ち状態だったりと
初めて目にするそんなキンちゃんを気味悪く見てしまいました。
調べると転覆病のようでした。

金魚についてはネットで調べていくと
どれが正解かわからないくらい色々なことがあって
混乱したのを覚えています。
ただ、今思えば
キンちゃんの老化やエサのやり過ぎや水槽を大きくしたことなどが
あるのではないかなと思います。
特に新しくした水槽が
キンちゃんの体調が悪くなり始める時と重なって
大きくしたぶんキンちゃんにかかる水圧が
転覆病にも大きく影響したのではないかなと思ったりするのです。
(転覆病は腸の調子が悪いからと言われていますが)

獣医さんはいるけれど魚のお医者さんっていませんよね?
金魚のお医者さんがいてくれたら、、、よく思っていました。
病気になってからでは遅い、もっと早く色々と調べて
治療をしてやればよかった、
痛いとも何も言わなかった健気なキンちゃんたちを思い出しては
今でも悪かったなと悲しくなるにいこがいます。



by kin-chan2009 | 2019-02-11 01:18 | 金魚 | Comments(0)

「キンちゃんの感触」

f0375110_21074408.jpg
時々
キンちゃんを手のひらにのせた時の感触を思い出しています。


by kin-chan2009 | 2018-05-23 21:10 | 金魚 | Comments(2)

「金魚のいないブログ」

f0375110_23362293.jpg


キンちゃんが逝ってしたこと、、、
水槽のあった場所にキンちゃんの写真を飾りました。
友達が家に来た時
「キンちゃんの遺影がある!」とちょっと笑われました(笑)

この写真はずっと沈んでいたキンちゃんが
奇跡的に一時だけ泳げるようになった時のものです。
その時のキンちゃんの可愛いかったこと!
泳げるようになった事が本当に嬉しそうでした(そのように見えました)
スマホで動画も撮りました。
赤ちゃんが初めて立った時のような感じで、
キンちゃんも生まれて初めて泳ぐような感じで
ゆらゆらしているけれどとても楽しそうに泳ぎました。
最近のにいこは
キンちゃんが泳ぐ姿をいつまでも飽きずに見ています。


この前ペットショップで気分がのらないまま金魚を見ました。
それなのに
私は夢中でキンちゃんに似た子を探していました。
いませんでした。
いたら連れて帰ったのかな、私?



by kin-chan2009 | 2018-05-17 00:02 | 金魚 | Comments(0)

「黒い水槽」

f0375110_22213392.jpg

キンちゃんが死んで2週間が過ぎました。
まだまだ立ち直れていないにいこです。
キンちゃんがいた場所についつい目が行きます。
もういないのに「ねえキンちゃん」と言ってしまいそうになります。

キンちゃんがいた場所には
私が撮ったキンちゃんの写真をフレームに入れ、
その横には花をいつも切らさないように飾っています。

キンちゃんが死んで
水槽も何もかも捨ててやる!と濾過装置やエアーなどなど捨てました。
水槽も・・・と思ったものの水槽は捨てられずにいます。
また飼う気?自分に聞いてみましたが
今はそんなパワーは残ってません・・・がいつか・・・??
わかりません。

キンちゃんを撮った写真を見る日々が続いていて
ちょっと思ったことがあります。
今日の写真は2016年8月のものです。
この年の5月、水槽をこの黒い大きなものに変えたのです。
それからひと月くらいしてキンちゃんの相棒が死に、
それからもう2ヶ月ほどしたらキンちゃんの転覆病が始まりました。
「この大きくした水槽がよくなかったんじゃないか?」
それまではなんともなかったのだからそう思わずにはいられなくなりました。
2匹があまりに大きくなったから
水槽の中でとても窮屈そうに見え変えたわけですが
大きくしたぶん水の量が増え水圧の数値も変わってくるはず、
そのせいでキンちゃんたちは調子が悪くなって、
転覆病になったりしたんじゃないかって。

ネットで調べてみようか?
今のにいこにはそんなパワーはありません。
思っただけです、思っただけ。


by kin-chan2009 | 2018-04-25 22:44 | 転覆病 | Comments(2)


f0375110_23191391.jpg
はっ!と気付けばひと月以上も更新していませんでした。
私、最近は会社の仕事以外に花屋さんでバイトまで始めたものですから
今まで生きてきてこんなに忙しい日はないってくらいなのです。
ま、それももうしばらくするとリズムが出来て
慣れてくるんじゃないかなあと思ったりしています。

そんな忙しい中でも、キンちゃんの事を忘れる日はありません。
毎日、キンちゃんのエサを食べる様子や、
糞の色や長さなどのチェック、身体に傷や病気が出ていないか
キンちゃんと話をしながら観察しています。

キンちゃんは沈没金魚ですが、ビミョーに斜めに横になって沈んでいます。
それから左目に膜が覆ってしまっています。
多分見えていないでしょう。
それ以外はヒレにも身体にも傷もなくてホッとしています。

つい最近、にいこ母さんが親戚のおばさんちに泊まりに行っていました。
私とにいこ母さんは二人暮らし(あ、キンちゃんを入れて3人(?)暮らし)
夜、にいこ母さんのいない家で、
「にいこ母さんがいないとやっぱり淋しいねえ」と
焼酎の水割りを飲みながらスルメをかじりキンちゃんに語りかけるにいこがいました。
そんな時、キンちゃんは十分にいこの話し相手になってくれる子なのです。
私とキンちゃんは夜が更けるまで話をしていた週末でした。


by kin-chan2009 | 2017-09-05 23:36 | 金魚 目に膜 | Comments(2)

「キンちゃんの近況」

f0375110_21443173.jpg

4月に沈没が治った!と喜んで以来ここのブログを放置したままでした。
会社の仕事以外にバイトを始めたりして
慌ただしかったのでした。
今日から8月、また細々とうちのキンちゃんの様子を綴っていきます。

沈没が治ったと思ったのもつかのま、
キンちゃんは逆立ちになったまま10日ほど過ごし

f0375110_21444768.jpg
それから浮遊を10日ほど続け

f0375110_21450374.jpg
今はまた前の状態、沈んでしまいました。

どの状態を見るのもつらいものでした。
こういった病気(転覆病、沈没)は、
軽いうちに手をうたないと治らないんだろうなあと
無知だった頃が悔やまれてなりません。

それからキンちゃんの左目は白く濁っています。
きっと左目は見えていないんじゃないかと思います。
転覆、沈没、目に膜などという病気は
自分自身の怠慢がさせたのでは?と思わずにはいられません。
ごめんよ、キンちゃん。

エサはとっても美味しそうに食べます。
たくさん与えるとよくないと言うのを聞いたいりします。
でも、こうなったキンちゃんにとって楽しみと言ったら食べることくらい。
少な目に与えていません、少なくはないけどめちゃくちゃ多くはないをあげています。

エサをあげた後のキンちゃんはとても元気だとにいこ母さんは言います。
私が会社から帰ってからはジッとしている事が多いので
元気に動いているキンちゃんを見られるにいこ母さんに嫉妬する私です 笑

こんな感じで以前と変わらずの沈没っぷりのキンちゃんですが、
まだ生きてくれています。
そして私とにいこ母さんを癒してくれています。
絵ヅラ的にはイマイチなキンちゃんですが、
その様子をまた時々お見せ出来ればいいなと思っています。


by kin-chan2009 | 2017-08-01 22:09 | 転覆病 | Comments(0)

「キンちゃんの休日」

f0375110_01013900.jpg
今日は水草を買って来てやりました。

水草を食べてくれるといいなと思うんですけど、
沈んだキンちゃんが水草があるところまで浮かべるはずがありません。
なのでいつものように手に乗せて
水草の間をくぐらせたり、根元に口を持って行ってみたり、
遊んでいる感覚に少しでもなってくれていればいいな、
そんな風に思いながら
キンちゃんとのスキンシップを楽しんでいた土曜日の昼下がりでした。


最初浮いたままが続き、
その後底に沈んでしまいました。
沈んでしまったキンちゃんを手にのせた時、
その重さにビックリしました。
元気だった時は、水中で手にのせても
こんなに重くは感じなかったように思います。


金魚の沈んだり浮いたりの転覆病を治せる方が出て来られたら
その方にノーベル金魚賞を是非あげたいものです。


仕事がある時は、
朝出掛ける時と、帰って来てご飯を食べた後の少しの時だけしか
キンちゃんをかまってやれません。
お休み3連休中の私。
キンちゃんとたっぷりスキンシップしたいです♪


by kin-chan2009 | 2016-09-17 23:59 | 今日のキンちゃん | Comments(0)

「私とキンちゃんと」

f0375110_22585058.jpg

魚を食べるのは大好きだけれど、触るのは大嫌い!
そんな私が会社の人に2匹の小さな金魚をもらいました。
心のどこかで「どうせすぐ死ぬだろう」
そう思いながら飼い始めることになりました。

初めの頃はエアーも濾過装置も使わず、何日か毎に水替え。
汚れた水槽はなんとも言えない臭さ。
そして、手ですくう金魚の感触の気持ち悪さ。
あー、なんて面倒くさいんだ!なんて気持ち悪いんだ!
それでも、
それをやらなければ!私がいなければ!この金魚たちは死んでしまうんだ!
と言うんじゃなくて、
死んだ金魚を処理するなんて生きてる金魚以上に気持ち悪いわ!←そこ?!
で、必死で面倒をみてやる自分がいました。

どうせすぐ死ぬだろうと思っていた金魚たちは、全然死ぬ気配なく
少しづつ、少しづつ大きくなって行き、
エサもよく食べて、元気いぱいウンコもしました。
そのウンコがこれまた長~くて、いつまでもお尻から切れません。
"金魚のフン”とはまさしくコレのことなんだなと、母と二人笑ってしまいます。

柔らかい美しいヒレを揺らし、愛嬌のある顔でのんびり泳ぐ姿は
とても愛らしくずうっと見ていても飽きません。
夜中、一人でDVDを見ていて、ふと後ろを振り返ると
2匹がつぶらな瞳でジッと私の方を見ています。
「キンちゃん、なかなか面白いじゃろう?この映画」と話しかけると
口をパクパクさせ「面白い、面白い」と言っているように見えます。
私も母も
いつの間にか「キンちゃん」と呼ぶようになり
いつの間にかキンちゃんが大好きになっていて、
いつの間にかキンちゃんは家族になっていました。

それが、今年の6月1日、キンちゃんの1匹が死んでしまいました。
お腹がパンパンに膨れて。
死ぬ当日、元気な方のキンちゃんが
とても心配そうにもう1匹を見ていたのを今でも忘れられません。
2009年から飼い始めて病気一つしたことがなかったので、
金魚について調べたりしたことはありませんでした。
死んでからでは遅いのですが、ネットで調べると原因の一つとして
考えられたのは「エサのやりすぎ」
私が無知で管理不足だったせいで死なせてしまって、
キンちゃんに申し訳なさでいっぱいです。

決して広くはない水槽で7年間いつも一緒だった2匹。
私はその2匹を見ながら「私とお母ちゃんみたい」
そんな風にキンちゃんたちを見ていました。
いつも一緒だったのに、突然1匹になってしまったキンちゃん。
どこに行ったんだろう?不思議に感じているように見えるキンちゃん。
(それは人間の勝手な想像かもしれませんが)
水槽で1匹ポツンといるキンちゃんを見ていると可哀想でたまりませんでした。
母が死んで家で一人ぼっちになった自分を想像してしまいます。
(↑縁起でもないわ!と、まだ死んでいない元気なお母ちゃん 笑)

それでも「時間」と言うのは有難いもので
キンちゃんが死んだショックも徐々に薄らいで行き、
1匹残ったキンちゃんもこの状況に慣れてきたように見えたある日・・・
キンちゃんの様子が変です。
身体が何だか傾いたりしています。
そして、その後、頭を下に向けお尻を上にしたまま、逆立ち状態で浮き、
それからしばらくするとその状態で
今度は底に沈んだままになってしまいました。

「転覆病」です。
軽い時に気付けばたまに治ることもあるらしいのですが、
一度この病気になると何度も繰り返すか、転覆したままになるようです。

f0375110_22585363.jpg
これは今日のキンちゃんです。
ドキっとするでしょう?死んでるみたいでしょう?
でも、これでも生きているんですよ。
こんな状態がひと月以上続いています。

こうなってからでは遅いのですが、
転覆病についてネットで色々調べてみました。
ある方は「○○がいい」、ある方は「○○はしない方がいい」とか、
この薬が効くと言う方がいれば、ダメと言う方もいたり・・・
調べれば調べるほど私は混乱して行きました。

転覆病には絶食がいいとかなりの方が言われているようで、
私も絶食させてみましたが、元に戻る気配はありませんでした。
もう治らないのなら美味しいものを食べさせてあげたいな、
と思うようになりました。
やり過ぎるのはよくないってことはわかるので、
起き上がれないキンちゃんを手のひらにのせ、少量のエサを口元に持って行くと
とても美味しそうに食べます。

朝と夕方、少しは楽になるかなと、
キンちゃんを手でつかみまともな体勢にしてやります。
そして泳ぎ方を思い出してみて、の気持ちを込めてリハビリのように
私の手の補助付で泳がせてやってみたりしています。
そんなの効果ないのはわかっているのですが、
自分の出来る限りのことはしてやりたいのです。
「それでいいよな?」
キンちゃんは答えてはくれませんが・・・

こうなった以上長生きは出来ないのかな?(もうすでに7歳だし)
でも、
こうなってから、こうなる以前より可愛くてしょうがないのです。
あとどれくらい生きるのかわかりませんが、
その間、キンちゃんの為に出来る事、してやれる事を
精一杯してあげようと思っています。
キンちゃんの可愛い写真も一杯撮ってやろうと思っています。

私とキンちゃんの奮闘記、始めます。



by kin-chan2009 | 2016-09-12 23:40 | 独り言 | Comments(0)