人気ブログランキング |

空、飛んでみる? flyingkin.exblog.jp

<   2019年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0375110_00335495.jpg
2016年 6月 1日、2匹いた金魚の1匹が死にました。
GWを過ぎた頃から
そのキンちゃんはお腹が膨らみ始めたように記憶しています。
にいこ母さんが
「このキンちゃん、赤ちゃんでもいるんじゃない?」と
嬉しそうに言っていましたが私は違うと感じていました。
それからはだんだんとお腹が膨らんで
死んでしまった6月1日にはもうはち切れそうでした。

f0375110_00424467.jpg
これがその時の写真です。
朝から水槽の底であまり動かずじっとしていて、
そんなキンちゃんをもう1匹のキンちゃんが心配そうに
寄り添うようにいたのが忘れられません。
こんなキンちゃんが心配でしたが会社に行きました。
帰った時にはにいこ母さんがつらそうに
「キンちゃんが動いてないような気がする」と言いました。
キンちゃんは死んでいました。

会社で仕事もそっちのけで調べていくと、
エサの与えすぎからこんな風になることもあると
書かれている記事をネットで見つけました。
思い返してみるとたくさん与えていたような気がします、
特に一日中家にいるにいこ母さんは。
にいことにいこ母さんの無知がゆえにこんな風に死なせてしまい
申し訳なさでいっぱいでした。
もう動かないキンちゃんを一人で送ったにいこでした。


それから一人ぼっち(1匹ぼっち?)になったキンちゃんに
あの恐ろしい病が迫ってきたのが2016年の7月頃でした。

f0375110_00335856.jpg
転覆病です。
普通に泳いでいる時もあるのですが
逆立ちの状態で沈んでいたり、
そのうち今度は浮いたまま逆立ち状態だったりと
初めて目にするそんなキンちゃんを気味悪く見てしまいました。
調べると転覆病のようでした。

金魚についてはネットで調べていくと
どれが正解かわからないくらい色々なことがあって
混乱したのを覚えています。
ただ、今思えば
キンちゃんの老化やエサのやり過ぎや水槽を大きくしたことなどが
あるのではないかなと思います。
特に新しくした水槽が
キンちゃんの体調が悪くなり始める時と重なって
大きくしたぶんキンちゃんにかかる水圧が
転覆病にも大きく影響したのではないかなと思ったりするのです。
(転覆病は腸の調子が悪いからと言われていますが)

獣医さんはいるけれど魚のお医者さんっていませんよね?
金魚のお医者さんがいてくれたら、、、よく思っていました。
病気になってからでは遅い、もっと早く色々と調べて
治療をしてやればよかった、
痛いとも何も言わなかった健気なキンちゃんたちを思い出しては
今でも悪かったなと悲しくなるにいこがいます。



by kin-chan2009 | 2019-02-11 01:18 | 金魚 | Comments(0)

f0375110_22211796.jpg
町内の人がこの状態でもってきてくれたスイートピー。
自宅でこんなに立派なスイートピーが育つなんてうらやましい限り。
スイートピーのいい香りにうっとりしながら
スイートピーとにいこ母さんを記念撮影しました。

この時の写真を見るとキンちゃんはまだ2匹いたんですね。
いつも仲良しな2匹でした。
にいことにいこ母さんは親子ですが、
いつも一緒にいると時々ケンカもしているのですが
このキンちゃんたちもしていたりしたんでしょうか?
2匹がおしゃべりしたり、鬼ごっこしたり(そんな風に見えて)
いつも2匹が寄り添っていて
ケンカなんか絶対してなかったと私は思います。
何かを恨んだり妬んだり、、、、
そんなことを思う脳みそも持ち合わせてはなかっただろう。
水槽という小さな世界でただただ純粋で美しく生きた2匹でした。

写真にある水槽、
これはこの年の4月に新しくしたものでした。
キンちゃんたちがあまりにも大きくなりすぎて
以前の水槽が小さくなってしまったので
ちょっと広い水槽で泳がせてやりたいなと言う気持ちで。
それが今から考えるとよくなかったんじゃないかなと思うのです。
この水槽に変えて46日後に1匹のキンちゃんが死んでしまいました。


by kin-chan2009 | 2019-02-07 22:47 | 金魚 | Comments(0)

f0375110_22344232.jpg
いつの間にか新しい年になっていました。
3ヶ月近く放置していました。
金魚のいない金魚ブログ、なかなか難しいものです。
どうしたものかなあと思いますが
もうしばらくキンちゃんたちの思い出を辿ってみようと思います。

キンちゃんの写真をアルバムから探しています。
それはにいこ母さんの思い出も辿ることになっていますね。
3年前のこの頃のキンちゃんもにいこ母さんもまだ元気でしたね。
今のにいこ母さんはこの頃と比べるとグッとおばあちゃんになっています。
1月2日80歳になりました。
高齢になり筋肉も弱くなり足がかなりおぼつかなくなっていて
(脳梗塞による痙縮が進んだと思われる)
一人ではヨチヨチ歩きになります。
足を鍛える為にリハビリに週2で通っていますが
ちょっとくらいじゃ変化はほとんどないし、
かと言って頑張り過ぎると翌日「すねぼんさんが痛い」なんて言ったりします。
鍛えているんだか悪くなってるんだかですが、
にいこ母さんは頑張る人なので
リハビリの通所でみんながお茶を飲んでいる間も黙々と足を動かしているそうです。
今日は「なんだかしんどい」と言って早々とベッドに。
1日でも長くヨチヨチ歩きだっていい、自分の足で歩いて
にいこと一緒に出掛けようね、
にいこ母さんの寝顔を見ながらそう思うのでした。
そう思う気持ちは
キンちゃんが沈没してそれでも元気にエサを食べていた頃の気持ちと同じです。

生きてる限りどんな姿でも生き尽くしたい、
にいこ母さんとキンちゃんを見てそう思ったにいこがいました。



by kin-chan2009 | 2019-02-01 22:57 | Comments(0)