空、飛んでみる? flyingkin.exblog.jp

金魚と暮らす日々


by にいこ
プロフィールを見る
画像一覧

「ありがとう キンちゃん」

f0375110_21125167.jpg
 4月11日、キンちゃんが死んでしまいました。

9年近く
にいことにいこ母さんの、たった二人きりの生活に
キンちゃんは楽しみと癒しをもたらしてくれました。


f0375110_21161106.jpg
最初はこんなに小さかったキンちゃん。
魚なんて見るのも触るのも臭いのも嫌だった私が、
どんどん大きく可愛くなって行くキンちゃんに夢中になって行きました。

毎日キンちゃんを眺めては話かけるにいことにいこ母さんがいました。
そんな私達二人に、可愛い大きな真っ黒い目でこちらを見つめ、
口をパクパクしながらまるで私たちの話に返事をしてくれてるようでした。
泳ぐ姿は綺麗な尾ひれを揺らし本当に優雅で
いつまでもずっと見続けられました。

キンちゃんには相棒がいました。
その相棒は2年ほど前に先に逝ってしまいました。
それから水槽に1匹残るキンちゃんの姿を見ると
淋しそうで心がとても痛みました。
それからはそれまで以上にキンちゃんが一人(一匹)ぼっちにならないよう
話しかけて相手をするにいことにいこ母さんがいました。

本当にキンちゃんは飼い始めてから病気とは無縁の
私の手を煩わせない本当にいい子でした。
それが相棒が逝ってちょっとするとキンちゃんは転覆病、その後沈没となってしまいましたが
それでも元気でいてくれました。
沈没して患いながらもエサを食べ、動く姿に
私達親子は勇気をもらったものです。

死ぬ数か月前から水疱が出きたり、それから水カビ病を発症しました。
この水カビ病が災いとなったとにいこは思っています。
何より私自身、
金魚を飼う上での「無知」がキンちゃんを死なせてしまったように思います。

水カビ病と知り慌ててネットで検索した私は
カビを取らなければ死んでしまうと無理やり取ったのでした。
それはカビだけではなく、キンちゃんの目の組織まで一緒に取ってしまうことになったのです。
そしてその部分にメチレンブルーを塗ったのです。
それからしばらくすると水カビは治まりました(治まったように思えました)
これでまた元気になると信じていたのに・・・。

11日、会社から帰った私はにいこ母さんにいつもと同じ言葉を言いました。
「母さん、キンちゃん今日はどうだった?」
にいこ母さんは
「それがな、、、見て、、お昼頃にはもう、、、たぶん、、」と言って黙りました。
水槽に近寄ってみるとキンちゃんは沈んだまま小さく口を開けて
もう動かなくなっていました。

水槽からキンちゃんを取出しティッシュペーパーの上に乗せ
にいこはキンちゃんと車でドライブしました。
40数センチ四方の狭い水槽しか知らないキンちゃん。
私は、
キンちゃんをポケットに入れて色んな所に連れてってやりたいなあ
そんな事をよく思っていたものです。
春の夕方近くの霞んだ薄い水色の空。
「キンちゃん、空、見える?今までありがとうね」
もう大きな川も海も泳げて空だって飛べてるよね。
そんな事を思いながらキンちゃんとお別れをしました。

キンちゃんが死んで8日が過ぎましたが、
つい癖で水槽があった場所に目をやったり、
会社から帰ると「キンちゃんただいまー」と言いそうになる私がいます。
その度に淋しさがこみ上げてきます。


[PR]
by kin-chan2009 | 2018-04-19 22:01 | 金魚 | Comments(0)